佐賀大学 農学部 生物環境科学科 浅海干潟環境学研究室 有明海と干潟の自然と環境を考える

研究実績

研究実績

論文

論文(査読あり)

現在(2016年1月6日)35編です。

  1. M. Koriyama, A. Koga, M. Seguchi, T. Ishitani, 2016年:Factors controlling denitrification of mudflat sediments in Ariake Bay, Japan, Environmental Monitoring and Assessment,188,96,1-14(DOI 10.1007/s10661-016-5101-1).
  2. 近藤文義,原口智和,郡山益実2015年:クリンカアッシュと炭化物の基礎的性状および水質浄化機能の比較,農業農村工学会論文集,299,Ⅱ_113-Ⅱ_120.
  3. 濱田孝治,速水祐一,Adi NUGRAHA,山口創一,郡山益実2014年:諫早湾干拓潮受堤防排水門の開門の影響予測及び開門方法への提言, 海と空 89:115-124.
  4. TOSHIYA KATANO, MAKOTO YOSHIDA, SOUICHI YAMAGUCHI, KENJI YOSHINO, TAKAHARU HAMADA, MASUMI KORIYAMA, YUICHI HAYAMI, 2014年:Effect of nutrient concentration and salinity on diel vertical migration of Chattonella marina (Raphidophyceae),Marine Biology Research, Vol 10, No.10:1007-1018.
  5. Yuji Ito, Toshiya Katano, Naoki Fujii, Masumi Koriyama, Kenji Yoshino, and Yuichi Hayami,2013年:Decreases in turbidity during neap tides initiate late winter large diatom blooms in a macrotidal embayment,Journal of Oceanography,69: 467-479.
  6. 郡山益実,荒木啓輔,伊藤祐二,片野俊也,石谷哲寛,2013年:有明海奥部底質における吸着態NH4+の季節変化とその影響因子,土木学会論文集B2(海岸工学) B2-69:Ⅰ_1141-Ⅰ_1145.
  7. M. Koriyama, Y. Hayami, A. Koga, K. Yamamoto, A. Isnansetyo, T. Hamada, K. Yoshino, T. Katano, S. Yamaguchi, 2013年:Seasonal Variations of Water Column Nutrients in the Inner Area of Ariake Bay, Japan: the role of the muddy sediments ,Environmental Monitoring and Assessment, 185: 6831-6846.
  8. 郡山益実,荒木啓輔,伊藤祐二,片野俊也,石谷哲寛,2012年:有明海奥部底泥における栄養塩フラックスの季節変化,土木学会論文集B2(海岸工学) B2-68:Ⅰ_1056-Ⅰ_1060.
  9. 伊藤祐二,郡山益実,宮本英揮,瀬口昌洋,筑紫二郎,2012年:周期的変動波の平均水位計測に対するTDRの適用 ,農業農村工学会論文集 277:65-72.
  10. 伊藤祐二,速水祐一,片野俊也,郡山益実2012年:海象観測タワーデータに基づく筑後川エスチュアリー下部の海洋構造の季節・大潮小潮周期変化,海の研究 21:1-16.
  11. 伊藤祐二,郡山益実,宮本英揮,梅谷知弘,筑紫二郎,2011年:マイクロ波を利用した淡水の水位・電気伝導度および淡塩水境界位の計測システム ,水文・水資源学会誌 24:170-176.
  12. M. Koriyama, M. Seguchi, T. Ishitani, A. Isnansetyo, 2011年:Analysis of hypoxia in the western interior parts of the Ariake Sea, Japan, using a box model ,Environmental Monitoring and Assessment, 179: 65-80.
  13. A. Koga, M. Koriyama, M. Seguchi,2011年:Relationships between denitrification activity and environmental factors in the tidal sediment of the inner area of the Ariake Bay ,Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering, 29:1-15.
  14. A. Isnansetyo, N. Seguchi, M. Koriyama, 2011年:Nitrification potential rate of different sediment types of the Ariake Sea tidal flat in summer and autumn ,Research Journal of Environmental and Earth Sciences, 3: 704-716.
  15. A. Isnansetyo, N. D.Thien, M. Seguchi, M. Koriyama, A. Koga, 2011年:Nitrification potential of mud sediment of the Ariake Sea tidal flat and the individual effect of temperature, pH, salinity and ammonium concentration on its nitrification rate,Research Journal of Environmental and Earth Sciences, 3: 587-599.
  16. Y. Shin, M. Seguchi, M. Koriyama2010年:Application of two-stream model to estimate leaf area index in the forest area using TERRA/ASTER data in summer and winter ,Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering, 28: 23-35.
  17. Y. Shin, M. Seguchi, M. Koriyama, A. Isnansetyo,2010年:Estimation of LAI in the forested watershed using ASTER data based on Price’s model in summer and winter ,European Journal of Forest Research, 129: 1237-1245.
  18. 石谷哲寛,瀬口昌洋,郡山益実2010年:有明海奥部西岸域における貧酸素水塊形成に及ぼす物理的及び生化学的要因の影響 ,農業農村工学会論文集 267:69-77.
  19. 古賀あかね,瀬口昌洋,郡山益実2010年:有明海奥部干潟域における脱窒活性とその環境要因について ,水工学論文集 54:1633-1638.
  20. 伊藤祐二,宮本英揮,郡山益実,筑紫二郎,瀬口昌洋,2010年:マイクロ波のエネルギー吸収特性を利用した淡塩水境界面の計測 ,土木学会論文集B 66:189-195.
  21. 瀬口昌洋,郡山益実,吉野克己,田中文也,2009年:有明海奥部泥質干潟の温熱環境とその生物活動への影響 ,土木学会論文集B2(海岸工学) B2-65:1136-1140.
  22. 郡山益実,瀬口昌洋,古賀あかね,アリム イスナンセテョ,速水祐一,山本浩一,濱田孝治,吉野健児,2009年:有明海奥部の干潟・浅海域底泥における窒素・リンの季節変化 ,土木学会論文集B2(海岸工学) B2-65:1031-1035.
  23. 速水祐一,山本浩一,濱田孝治,郡山益実,古賀あかね,吉野健児,吉田 誠,片野俊也,山口創一,2009年:有明海奥部における栄養塩濃度分布の季節変化 ,土木学会論文集B2(海岸工学) B2-65:991-995.
  24. 申 龍熙,瀬口昌洋,郡山益実2009年:衛星データを用いた植生キャノピー内の電磁波吸収・散乱過程に基づくLAIの広域的推定 ,農業農村工学会論文集 262:41-48.
  25. 申龍熙,瀬口昌洋,郡山益実2009年:TERRA-ASTERデータによる流域のLAI測定 ,水工学論文集 53:349-354.
  26. 古賀あかね,瀬口昌洋,郡山益実2009年:有明海奥部干潟域における脱窒菌群の生息分布と脱窒活性 ,農業農村工学会論文集 260:15-22.
  27. 瀬口昌洋,郡山益実,石谷哲寛,2008年:2層ボックスモデルによる有明海奥部西岸域における貧酸素水塊発生機構の解析 ,海岸工学論文集 55:1016-1020.
  28. 郡山益実,瀬口昌洋,石谷哲寛,2008年:ボックスモデルによる有明海奥部西岸域の貧酸素水塊発生機構の検討 ,農業農村工学会論文集 255:41-49.
  29. 瀬口昌洋,郡山益実,古賀あかね,野田美幸,2007年:有明海奥部干潟域における脱窒菌群の生息分布と底質環境について,海岸工学論文集 54:1126-1130.
  30. 石谷哲寛,瀬口昌洋,郡山益実,加藤 治,2007年:有明海奥部西岸域における貧酸素水塊の発生と密度成層 ,農業土木学会論文集 247:65-72.
  31. 郡山益実,瀬口昌洋,石谷哲寛,加藤 治,2007年:有明海奥部西岸域における貧酸素水塊発生時の鉛直拡散係数及び酸素消費速度について ,水工学論文集 51:1463-1468.
  32. 瀬口昌洋,郡山益実,加藤 治,2004年:干潟域底泥による水中の無機態窒素化合物の除去特性 ,水工学論文集 48:1297-1302.
  33. 瀬口昌洋,郡山益実,加藤 治,2002年:泥質干潟におけるマクロベントスの巣穴形成とその硝化・脱窒過程への影響 ,水工学論文集 46:1169-1174.
  34. 郡山益実,瀬口昌洋,加藤 治,2000年:波と流れの共存場における干潟域底泥の巻き上げ機構について ,農業土木学会論文集 209:77-85.
  35. 郡山益実,瀬口昌洋,加藤 治,1999年:波と流れの共存場における底面波動境界層付近の剪断応力について ,農業土木学会論文集 204:69-76.

論文(査読なし)

現在(2017年9月5日)23編です(投稿中を含む)。

  1. 前崎桜樹,郡山益実,石橋拓也,2017年:東よか干潟におけるマクロベントス群集と底質環境,佐賀大学農学部彙報(投稿中).
  2. 郡山益実,前崎桜樹,2017年:東よか干潟高潮間帯域におけるマクロベントスの分布特性と底質環境,佐賀自然史研究会会誌(投稿中).
  3. 郡山益実,西山修司, 石谷哲寛,2016年:有明海奥部底泥の巻き上げに伴う懸濁層における栄養塩濃度の変動特性,佐賀大学農学部彙報 101:25-32.
  4. 西山修司, 郡山益実, 石谷哲寛,2015年:有明海奥部における底泥の巻き上げ特性に関する現地観測,佐賀大学農学部彙報 100: 55-62.
  5. F.Kondo, T.Haraguchi, M.Koriyama, 2014年:EXPERIMENTAL STUDY ON THE REDUCTION OF NUTRIENTS IN CREEK WATER USING WOOD CHARCOAL, BAMBOO CHARCOAL AND CLINKER ASH,Proceedings of the International Symposium on Woods Utilization: 79-83.
  6. A. Isnansetyo, S. Getsu, M. Seguchi,M. Koriyama,2014年:Individual Effect of Temperature, Salinity, Ammonium Concentration and pH on Nitrification Rate of the Ariake Seawater Above Mud Sediment,HAYATI Journal of Biosciences, 21(1):21-30.
  7. 石谷哲寛, 郡山益実, 荒木啓輔,2012年:有明海奥部における海水中の栄養塩濃度の季節変化について,佐賀大学農学部彙報 97:19-26.
  8. M. Koriyama, M. Seguchi, T. Ishitani, N.D.Thien, 2009年:Study on the occurrence mechanism of hypoxic water in the western interior parts of the Ariake Sea using a two-layer box model,Bulletin of the Faculty of Agriculture, Saga University, 94: 1-13.
  9. M. Seguchi, M. Koriyama, T. Ishitani, 2008年:Occurrence mechanism of hypoxic water in the western interior parts of the Ariake Sea,Bulletin of the Faculty of Agriculture, Saga University, 93: 77-90.
  10. M. Koriyama, M. Seguchi, T. Ishitani, A.S.Syam, O.Kato, 2006年:Estimation of vertical diffusion coefficient and oxygen consumption rate in the interior western parts of Ariake Sea,Bulletin of the Faculty of Agriculture, Saga University, 92: 33-44.
  11. 加藤 治,瀬口昌洋,原口智和,郡山益実2006年:有明海湾奥部で施工された覆砂の効果の持続性について,佐賀大学農学部彙報 92:25-32.
  12. M. Seguchi, M. Koriyama, M.J.Dantje, M.I.Jasin, T. Ishitani, 2005年:Occurrence of hypoxic water in the interior parts of the Ariake Sea and its preventive measures,Bulletin of the Faculty of Agriculture, Saga University, 90: 63-76.
  13. M. Seguchi, M. Koriyama, 2004年:Water purification function and removal characteristics of inorganic nitrogen in a tidal mud flat,Bulletin of the Faculty of Agriculture, Saga University, 89: 157-168.
  14. 郡山益実,田中 明,矢野友久,2003年:気温・降雨の模擬発生による作物収量の影響評価―SWAPモデルによるシミュレーション―,Coastal Bioenvironment 2:85-90.
  15. 郡山益実,田中 明,矢野友久,2003年:SWAPモデルによる気温,降雨変化が作物収量に与える影響評価―地球温暖化が作物生産に及ぼす影響―,佐賀大学農学部彙報 88:79-86.
  16. 田中明,郡山益実,ニノ方善弘,2002年:大気中の微粒子と大気質について(Ⅰ)―唐津市で観測された黄砂―,佐賀大学海浜台地生物生産研究センター報告 海と台地 15:53-58.
  17. 郡山益実,田中 明,2002年:上場台地と背振山地における地下水の硝酸イオンについて,佐賀大学農学部彙報 87:133-139.
  18. M. Seguchi, M. Koriyama, O. Deguchi, 2002年:Effects of temperature and nitrate concentration on denitrification capacity of coastal mud in the Ariake sea ,Bulletin of the Faculty of Agriculture, Saga University, 87: 79-86.
  19. M. Koriyama, M. Seguchi, T. Katsuta, K. Yano, 2001年:On the resuspension phenomenon of bottom mud under the combined irregular waves and current flow ,Bulletin of the Faculty of Agriculture, Saga University, 86: 75-87.
  20. 郡山益実,瀬口昌洋,1999年:波と流れの共存場における底泥巻き上げ機構の実験的考察 ,佐賀大学農学部彙報 84:107-118.
  21. M. Koriyama, M. Seguchi,1998年:On the bottom friction coefficient in combined wave and current motion ,Bulletin of the Faculty of Agriculture, Saga University, 83: 99-109.
  22. M. Koriyama, M. Seguchi,1997年:Velocity distributions in combined wave and current boundary layers ,Bulletin of the Faculty of Agriculture, Saga University, 82: 101-115.
  23. 瀬口昌洋,浅井 学,朴 鐘和,郡山益実1995年:波・流れ共存場の流れ特性に関する実験的研究 ,佐賀大学農学部彙報 79:95-102.

その他

  • 山本敦士:佐賀県知事選挙に関する取材の記事(佐賀新聞 2014年12月30日)
    http://www.saga-s.co.jp/senkyo/governor/30302/140743
  • 石谷哲寛・郡山益実・宮本英揮 2014年:平成25年度農業農村工学会学術基金報告 TDRを用いた泥質干潟域底泥の変動量に関する連続モニタリング技術の開発,水土の知 82(4),327-328.
  • 郡山益実・瀬口昌洋:有明海干潟~研究開始から30年、環境管理ネットワーク時代へ~,Ocean Newsletter(海洋政策研究財団),第319号,2013年11月20日発行
    http://www.sof.or.jp/jp/news/301-350/319_2.php

学会発表

現在(2017年8月30日)95件です(予定を含み)。

  1. Sakura Maesaki・Masumi Koriyama・Atushi Nakamura・Takuya Ishibashi:Temporal and spatial variability of macrobenthic fauna in the high intertidal mud flat of the Ariake Bay, 8th Asian Wetland Symposium (佐賀), November 2017(予定)
  2. Takuya Ishibashi・Masumi Koriyama・Sakura Maesaki・Maho Yamaguchi・Atushi Nakamura・Haruka Ueki:Evaluation of burrowing pattern and burrow structures of crabs in the muddy tidal flat of the Ariake Bay, 8th Asian Wetland Symposium (佐賀), November 2017(予定)
  3. 石橋拓也・郡山益実・前崎桜樹:東よか干潟におけるカニ類の巣穴造成に伴う底泥撹拌量の定量的評価,農業農村工学会九州沖縄支部大会(福岡),2017年11月(予定)
  4. 前崎桜樹・郡山益実・石橋拓也:東よか干潟高潮間帯域におけるマクロベントス群集,農業農村工学会九州沖縄支部大会(福岡),2017年11月(予定)
  5. 前崎桜樹・郡山益実:東よか干潟高潮間帯域におけるマクロベントスの生息分布と季節変化,農業農村工学会九州沖縄支部大会(鹿児島),2016年10月
  6. 山本敦士・郡山益実・石谷哲寛・西山修司・中村紀弓佳:諫早湾及び潮受け堤防内調整池における底質の栄養塩環境,農業農村工学会九州沖縄支部大会(佐賀),2014年10月
  7. 西山修司・郡山益実・石谷哲寛:有明海奥部河口浅海域における底泥の巻き上げ特性と水質環境,農業農村工学会九州沖縄支部大会(佐賀),2014年10月
  8. 西山修司・郡山益実・石谷哲寛:有明海奥部西岸域における底泥の巻き上げ特性,農業農村工学会大会講演会(新潟),2014年8月
  9. 濱田孝治,・Adi Nugraha,・山口創一・速水祐一・ 山本浩一・片野俊也・ 郡山益実:数値モデルによる諌早湾干拓潮受堤防排水門開門の影響予測,2013年度日本海洋学会秋季大会(札幌),2013年9月
  10. 濱田孝治,・Adi Nugraha,・山口創一・速水祐一・ 山本浩一・片野俊也・ 郡山益実:数値モデルによる諫早湾干拓潮受け堤防排水門開門の影響予測,COMPASキックオフシンポジウム(佐賀),2013年7月
  11. 郡山益実・荒木啓輔・伊藤祐二・片野俊也・石谷哲寛:有明海奥部底質における吸着態NH4+の季節変化とその影響因子,第60回海岸工学講演会(福岡),2013年11月
  12. 近藤文義・原口智和・郡山益実・楠田浩希:クリーク水の水質浄化におけるクリンカアッシュの適用性について,農業農村工学会九州沖縄支部大会(宮崎),2013年11月
  13. 西山修司・郡山益実・石谷哲寛・荒木啓輔:有明海奥部底泥における栄養塩溶出の季節変化,農業農村工学会九州沖縄支部大会(宮崎),2013年11月
  14. 郡山益実・石谷哲寛・西山修司・荒木啓輔:有明海奥部底質における吸着態NH4+の変動特性,農業農村工学会九州沖縄支部大会(宮崎),2013年11月
  15. 石谷哲寛・郡山益実・宮本英揮:TDR法による泥質干潟表面位計測における解析手法について,農業農村工学会九州沖縄支部大会(宮崎),2013年11月
  16. 石谷哲寛・郡山益実・宮本英揮:有明海奥部干潟域におけるTDR法を用いた干潟底泥の堆積量の測定,農業農村工学会大会講演会(東京),2013年9月
  17. 郡山益実・荒木啓輔・伊藤祐二・片野俊也・石谷哲寛:有明海奥部底泥における栄養塩フラックスの季節変化,第59回海岸工学講演会(広島),2012年11月
  18. 石谷哲寛・郡山益実・宮本英揮:TDR法を用いた有明海干潟域底泥の堆積表面位の計測,農業農村工学会九州沖縄支部大会(長崎),2012年11月
  19. 荒木啓輔・郡山益実・石谷哲寛・西山修司:有明海奥部底質における吸着態NH4+の季節変動とその影響因子,農業農村工学会九州沖縄支部大会(長崎),2012年11月
  20. 郡山益実・荒木啓輔・石谷哲寛・西山修司:有明海奥部底泥における栄養塩フラックスの季節変化,農業農村工学会九州沖縄支部大会(長崎),2012年11月
  21. 荒木啓輔・郡山益実・石谷哲寛:有明海奥部浅海域における底泥中の無機態窒素濃度の季節変化,農業農村工学会九州沖縄支部大会(大分),2011年10月
  22. 石谷哲寛・郡山益実・荒木啓輔:有明海奥部における海水中の栄養塩濃度の季節変化について,農業農村工学会九州沖縄支部大会(大分),2011年10月
  23. Steeva Gaily Rondonuwu・近藤文義・原口智和・郡山益実:各種添加物を使用した有明海域クリーク底泥の沈降特性と水質の変化について(本文=英文),農業農村工学会九州沖縄支部大会(大分),2011年10月
  24. 石谷哲寛・瀬口昌洋・郡山益実:有明海奥部における貧酸素水塊の形成機構について,農業農村工学会大会講演会(福岡),2011年9月
  25. 郡山益実・荒木啓輔・伊藤祐二・石谷哲寛・岩本優桂:有明海奥部における底泥-海水間の無機態窒素フラックスの季節変化,農業農村工学会大会講演会(福岡),2011年9月
  26. 郡山益実・瀬口昌洋・アリム イスナンセテョ:有明海奥部の干潟域底泥における無機態窒素の溶出フラックス,農業農村工学会大会講演会(神戸),2010年9月
  27. 郡山益実・瀬口昌洋・古賀あかね・アリム イスナンセテョ・速水祐一・山本浩一・濱田孝治・吉野健児:有明海奥部の干潟・浅海域底泥における窒素・リンの季節変化,第56回海岸工学講演会(茨城),2009年11月
  28. 瀬口昌洋・郡山益実・吉野克己・田中文也:有明海奥部泥質干潟の温熱環境とその生物活動への影響,第56回海岸工学講演会(茨城),2009年11月
  29. 速水祐一・山本浩一・濱田孝治・郡山益実・古賀あかね・吉野健児・吉田誠・片野俊也・山口創一:有明海奥部における栄養塩濃度分布の季節変化,第56回海岸工学講演会(茨城),2009年11月
  30. Alim Isnansetyo, Nguyen Dan Thien, Masahiro Seguchi,
    Masumi Koriyama, Akane Koga:Nitrification potential and effect of several environment parameters on nitrification rate of the Ariake sea mud sediment.,農業農村工学会九州支部(鹿児島),2009年10月
  31. 古賀あかね・瀬口昌洋・ 郡山益実:泥質干潟における脱窒速度と環境因子との関係について,農業農村工学会九州沖縄支部大会(鹿児島),2009年10月
  32. 申龍煕・瀬口昌洋・ 郡山益実:ASTERデータを用いた山地流域のLAI及び蒸発散量の推定,農業農村工学会九州沖縄支部大会シンポジウム(鹿児島),2009年10月
  33. 石谷哲寛・瀬口昌洋・郡山益実:有明海奥部における貧酸素水塊の発生と物理的及び生化学的パラメータの影響について,農業農村工学会九州沖縄支部大会(鹿児島),2009年10月
  34. 郡山益実・瀬口昌洋・古賀あかね・アリム イスナンセテョ:有明海奥部の干潟・浅海域底泥における無機態窒素フラックスの推定,農業農村工学会九州沖縄支部大会(鹿児島),2009年10月
  35. Masahiro Seguchi, Yong Hee Shin and Masumi Koriyama:Measurements of LAI in a mountain watershed using Terra-ASTER data and its seasonal changes.,2nd International Conference on Forests and Water in a Changing Environment(アメリカ),2009年9月
  36. Masahiro Seguchi, Masumi Koriyama and Osamu Kato:Relationship between Formation of Pycnocline and Occurrence of Hypoxia in the Estuarine Area of the Ariake Sea.,33rd IAHR Congress International Association of Hydraulic Engineering & Research(カナダ),2009年8月
  37. 申龍煕・瀬口昌洋・ 郡山益実:ASTERデータを用いた流域蒸発散量の推定,農業農村工学会大会講演会(東京),2009年8月
  38. 古賀あかね・瀬口昌洋・ 郡山益実:有明海の干潟域及び浅海域における脱窒菌の生息分布について,農業農村工学会大会講演会(東京),2009年8月
  39. 石谷哲寛・瀬口昌洋・郡山益実:有明海奥部における貧酸素水塊の消長について,農業農村工学会大会講演会(東京),2009年8月
  40. 郡山益実・瀬口昌洋・古賀あかね・アリム イスナンセテョ:有明海奥部の干潟・浅海域底泥における窒素の季節変動,農業農村工学会大会講演会(東京),2009年8月
  41. 郡山益実・瀬口昌洋:有明海奥部西岸域における鉛直拡散係数および生化学的酸素消費速度の年代変動とその要因,第5回みらい有明・不知火シンポジウム(熊本),2008年11月
  42. 瀬口昌洋・郡山益実・古賀あかね:有明海奥部干潟域における脱窒菌群数の分布性と脱窒速度,第5回みらい有明・不知火シンポジウム(熊本),2008年11月
  43. 古賀あかね・瀬口昌洋・ 郡山益実:有明海泥質干潟域における脱窒速度の季節推移について,農業農村工学会九州沖縄支部大会(沖縄),2008年10月
  44. 申龍煕・瀬口昌洋・ 郡山益実:衛星データを用いた蒸発散量の広域的推定,農業農村工学会九州沖縄支部大会(沖縄),2008年10月
  45. 石谷哲寛・瀬口昌洋・郡山益実:有明海奥部における貧酸素水塊の発生海域と動態について,農業農村工学会九州沖縄支部大会(沖縄),2008年10月
  46. 郡山益実・瀬口昌洋・石谷哲寛:有明海奥部西岸域における鉛直拡散係数及び生化学的酸素消費速度の経年変動とその変動要因について,農業農村工学会九州沖縄支部大会(沖縄),2008年10月
  47. Masahiro SEGUCHI, Masumi KORIYAMA ,Osamu KATO, Tomokazu HARAGUCHI and Young Hee SHIN:Measurement of Turbiditiy in the Interior Parts of the Ariake Sea by Satellite Remote Sensing.,EMECS8(中国),2008年9月
  48. 申龍煕・瀬口昌洋・ 郡山益実:ASTERデータを用いた夏季と冬季のLAI推定,農業農村工学会大会講演会(秋田),2008年8月
  49. 古賀あかね・瀬口昌洋・ 郡山益実:有明海奥部泥質干潟域における脱窒活性について,農業農村工学会大会講演会(秋田),2008年8月
  50. 石谷哲寛・瀬口昌洋・郡山益実:有明海奥部西岸域における底層DOと鉛直拡散係数及び酸素消費率の関係,農業農村工学会大会講演会(秋田),2008年8月
  51. 郡山益実・瀬口昌洋・石谷哲寛:2層ボックスモデルによる有明海奥部西岸域の貧酸素水塊発生機構の検討,農業農村工学会大会講演会(秋田),2008年8月
  52. 古賀あかね・瀬口昌洋・ 郡山益実:有明海奥部干潟域における脱窒菌群の生息分布と脱窒速度について,農業農村工学会九州沖縄支部大会シンポジウム(佐賀),2007年10月
  53. 萬代敏夫・瀬口昌洋・ 郡山益実:有明海奥部干潟域における脱窒菌群の分布特性について,農業農村工学会九州沖縄支部大会(佐賀),2007年10月
  54. 木本浩二・瀬口昌洋・ 郡山益実:有明海奥部泥質干潟域における無機態窒素及び脱窒速度の季節的変動,農業農村工学会九州沖縄支部大会(佐賀),2007年10月
  55. 申龍煕・瀬口昌洋・ 郡山益実:衛星データを用いた光学過程に基づくLAI推定法とその適用,農業農村工学会九州沖縄支部大会(佐賀),2007年10月
  56. 石谷哲寛・瀬口昌洋・郡山益実:有明海奥部底層におけるDOの変動特性,農業農村工学会九州沖縄支部大会(佐賀),2007年10月
  57. 郡山益実・瀬口昌洋・石谷哲寛:有明海奥部西岸域における貧酸素水塊発生時の水質環境,農業農村工学会九州沖縄支部大会(佐賀),2007年10月
  58. 郡山益実・瀬口昌洋・石谷哲寛:ボックスモデルを用いた有明海奥部西岸域における貧酸素水塊発生機構の検討,農業農村工学会大会講演会(島根),2007年8月
  59. 古賀あかね・瀬口昌洋・郡山益実・野田美幸:有明海奥部干潟域における脱窒と底質環境について,農業農村工学会大会講演会(島根),2007年8月
  60. 石谷哲寛・瀬口昌洋・郡山益実:有明海奥部における貧酸素水塊の動態について,農業農村工学会大会講演会(島根),2007年8月
  61. 申龍煕・瀬口昌洋・ 郡山益実:樫のLAIと分光反射特性及び蒸散量の関連性について,農業農村工学会大会講演会(島根),2007年8月
  62. 瀬口昌洋・郡山益実・馬渡浩司・石谷哲寛:有明観測タワーデータに基づく貧酸素水塊発生時の沿岸海洋構造の検討,農業農村工学会大会講演会(島根),2007年8月
  63. 原口智和・加藤 治・郡山益実・瀬口昌洋:有明海のノリ漁場における水理特性について,熊本・長崎・佐賀 三大学 第4回みらい有明・不知火シンポジウム(佐賀),2007年2月
  64. 郡山益実・瀬口昌洋・石谷哲寛・加藤 治:有明海奥部における貧酸素水塊発生時の海洋構造について,熊本・長崎・佐賀 三大学 第4回みらい有明・不知火シンポジウム(佐賀),2007年2月
  65. 瀬口昌洋・郡山益実・加藤 治・原口智和:有明海奥部西岸域の底質改善策について,熊本・長崎・佐賀 三大学 第4回みらい有明・不知火シンポジウム(佐賀),2007年2月
  66. 野田美幸・馬渡浩司・瀬口昌洋・郡山益実:干潟の持つ環境浄化機能についての研究-有明海干潟域における脱窒菌数の季節変動・分布特性-,農業農村工学会九州沖縄支部大会(宮崎),2006年10月
  67. 石谷哲寛・瀬口昌洋・郡山益実・加藤 治:有明海奥部西岸域における貧酸素水塊の発生について,農業土木学会九州沖縄支部大会シンポジウム(宮崎),2006年10月
  68. 古賀あかね・瀬口昌洋・郡山益実:有明海干潟域底質の脱窒特性の季節変移について,農業農村工学会九州沖縄支部大会(宮崎),2006年10月
  69. 郡山益実・瀬口昌洋・アグス サリム サム・石谷哲寛:有明海奥部西岸域における鉛直拡散係数及び酸素消費速度について,農業農村工学会九州沖縄支部大会(宮崎),2006年10月
  70. 申龍煕・瀬口昌洋・ 郡山益実:LAIと分光反射特性及び蒸散量との関係,農業農村工学会九州沖縄支部大会(宮崎),2006年10月
  71. 郡山益実・瀬口昌洋・石谷哲寛:有明海奥部西岸域における鉛直拡散係数及び酸素消費速度の季節変動,農業土木学会本大会(宇都宮),2006年8月
  72. 古賀あかね・瀬口昌洋・郡山益実:有明海奥部における干潟域底質の脱窒特性について,農業土木学会本大会(宇都宮),2006年8月
  73. 石谷哲寛・瀬口昌洋・郡山益実:有明海奥部における貧酸素水塊の発生と密度成層の関係,農業土木学会本大会(宇都宮),2006年8月
  74. Masahiro SEGUCHI, Masumi KORIYAMA ,Osamu KATO and Tomokazu HARAGUCHI:Occurrences of Hypoxic Water in the Interior Parts of the Ariake Sea and its Preventive Measures.,EMECS7(フランス),2006年5月
  75. 石谷哲寛・瀬口昌洋・郡山益実:有明海奥部における貧酸素水塊の発生と海洋構造について,農業農村工学会九州沖縄支部大会(長崎),2005年10月
  76. 郡山益実・瀬口昌洋・矢野友久:SWAPモデルを用いたトルコ・アダナにおけるトウモロコシの生育シミュレーションについて,農業農村工学会九州沖縄支部大会(長崎),2005年10月
  77. 郡山益実:話題提供「地球温暖化が農業に与える影響」,唐津情報交換会(唐津市),2005年9月
  78. 石谷哲寛・瀬口昌洋・郡山益実:潮流場における貧酸素水塊発生防止ブロックの水理特性について,農業土木学会本大会(岐阜),2005年8月
  79. 郡山益実・瀬口昌洋・石谷哲寛:有明海奥部西岸域における貧酸素水塊の発生機構について,農業土木学会本大会(岐阜),2005年8月
  80. Koriyama,M., T. Yano and T.Haraguchi:Simulation of crop productivity in Seyhan Plain under changing global climate using the SWAP model.,ICCAP International Workshop(トルコ),2004年11月
  81. Jeffry Dantje MAMOTO,Seguchi MASAHIRO, Koriyama MASUMI, Muhammad Ihsan JASIN and Tetsuhiro ISHITANI:Hydraulic Properties around Block for Improvement of Water Quality in Strong Closing Inner Bay,農業土木学会九州支部(熊本),2004年10月
  82. Jasin Muhammad Ihsan, Seguchi Masahiro, Masumi Koriyama, Mamoto Jeffry Dantje, and Tetsuhiro Ishitani.:Field Observation of DO in the Inner Part of Ariake Sea And a Method for Improvement of Water Quality,農業土木学会九州支部(熊本),2004年10月
  83. 瀬口昌洋・郡山益実・永松沙哉・鍋嶋綾希子・古賀あかね:干潟域底泥による水中の無機態窒素除去に関する実験的研究,農業土木学会本大会(北海道),2004年8月
  84. 瀬口昌洋・郡山益実・永松沙哉:干潟域底泥の無機態窒素化合物の除去特性について,農業土木学会九州支部(大分),2003年10月
  85. 瀬口昌洋・郡山益実:干潟の水質浄化,農業土木学会本大会(沖縄),2003年7月
  86. 瀬口昌洋・郡山益実・江 島 央 子:干潟の硝化・脱窒過程を利用した高度水質浄化処理に関する実験的研究,農業土木学会九州沖縄支部大会(福岡),2002年10月
  87. 瀬口昌洋・郡山益実・Assa Yany Danny:衛星リモートセンシングによる植生分布量の解析,農業土木学会九州沖縄支部大会(福岡),2002年10月
  88. 瀬口昌洋・郡山益実・出口 修・田村太一:干潟域底泥の脱窒速度と律速因子との関係について,農業土木学会本大会(三重),2002年8月
  89. 瀬口昌洋・郡山益実・出口 修:泥質干潟における脱窒特性について,農業土木学会九州沖縄支部大会(鹿児島),2001年10月
  90. 郡山益実・瀬口昌洋・勝田猛郎・矢野和洋:不規則波と流れの共存場における浅海域底泥の巻き上げについて,農業土木学会九州沖縄支部大会(鹿児島),2001年10月
  91. 瀬口昌洋・郡山益実・出口 修・守田昌宏:有明海干潟域底泥の脱窒特性について,農業土木学会本大会(岩手),2001年8月
  92. 瀬口昌洋・郡山益実・塩入 同:干潟底泥の硝化・脱窒過程とその応用,農業土木学会九州沖縄支部大会(佐賀),2000年10月
  93. 郡山益実・瀬口昌洋:波・流れの共存場における干潟域底泥の巻き上げ機構について,農業土木学会本大会(鳥取),2000年8月
  94. 郡山益実・瀬口昌洋:波・流れの共存場における干潟域底泥の巻き上げ機構,農業土木学会九州沖縄支部大会(宮崎),1999年10月
  95. 郡山益実・瀬口昌洋:波・流れの共存場における干潟域底泥の巻き上げについて,農業土木学会本大会(東京),1999年8月

卒業+修士論文

卒業論文タイトル

手元にある卒論タイトルを纏めていますが、所々抜けています。見つかり次第、随時追加していきます。

  • 「東よか干潟におけるマクロベントスの分布特性と季節変化」
  • 「有明海底泥の巻き上げに伴う懸濁層におけるリンの変動要因」
  • 「諫早湾及び潮受け堤防内調整池における底泥の栄養塩濃度の季節変化」
  • 「有明海奥部西岸域における底泥の巻き上げ現象とその発生海域について」
  • 「諫早湾及び調整池における底質の栄養塩環境のモニタリング」
  • 「撹乱及び未撹乱底泥を用いた巻き上げ限界流速に関する実験的研究」
  • 「有明海奥部底泥におけるアンモニア生成速度ポテンシャルの変動特性」
  • 「有明海底泥間隙水における無機態窒素濃度の季節変化」
  • 「有明海奥部底泥からの栄養塩フラックスの季節変化」
  • 「有明海奥部海水中における栄養塩濃度の季節変化」
  • 「有明海奥部底泥におけるアンモニアの生成速度ポテンシャル」
  • 「有明海奥部底泥の吸着態アンモニアの季節変化」
  • 「アパタイト処理土壌を用いた作物栽培の基礎研究」
  • 「有明海底泥におけるアンモニア生成速度ポテンシャルの季節変化」
  • 「有明海奥部における海水-底泥間の栄養塩フラックスの季節変化」
  • 「有明海奥部底泥における栄養塩濃度の季節変化」
  • 「有明海奥部泥質干潟における温熱環境の解析」
  • 「クリーク浚渫土の客土としての有効利用の検討」
  • 「有明海奥部干潟域における底泥中の温度分布と熱収支について」
  • 「古紙破砕物添加工法による建設発生汚泥および高含水比泥土の有効利用について」
  • 「泥質干潟域底泥における無機態窒素濃度の季節変動について」
  • 「有明海干潟域における脱窒菌数の分布特性について」
  • 「有明海干潟域における脱窒能の評価について」
  • 「有明海奥部における貧酸素水塊発生時の海洋構造について」
  • 「有明海干潟域における脱窒菌数の分布特性について」
  • 「有明海観測タワーデータに基づく貧酸素水塊発生時の海洋構造の検討」
  • 「Landsat5号TMデータによる有明海奥部の濁度分布の測定」
  • 「有明海干潟域における脱窒能の評価について」
  • 「有明海干潟域における脱窒菌の分布特性について」
  • 「有明海干潟域底質の脱窒能について」
  • 「干潟域底泥の脱窒活性について 鉛直プロファイルとpHの及ぼす影響」
  • 「干潟域底泥の硝化-脱窒過程を応用した高度水浄化処理について」
  • 「佐賀市の酸性雨に対する黄砂の影響に関する研究」
  • 「貧酸素水塊破壊ブロックの水理特性に関する実験的研究」
  • 「波と流れの共存場における底泥の巻き上げ率について」
  • 「波と流れの共存場における底泥の巻き上げに関する実験的研究」
  • 「ベントスの底質撹乱が干潟底質環境に与える影響について」
  • 「波と流れの共存場における干潟域底泥の巻き上げ現象に関する実験的研究」
  • 「波と流れの共存場における底面境界層付近の定常流成分の解析」

修士論文タイトル

修士論文のタイトルは、今のところ順不同で、所々抜けています。修論タイトルを整理して、順次追加していきます。

  • 「有明海奥部底泥の巻き上げに伴う懸濁層内の栄養塩変動特性」
  • 「有明海奥部における底質環境と海水-底質間の栄養塩フラックスの定量的評価」
  • 「有明海奥部の干潟域底泥における無機態窒素の溶出特性」
  • 「有明海奥部干潟域における脱窒菌群の分布特性と底質環境」
  • 「有明海奥部泥質干潟における脱窒活性と律速因子の季節変化」
  • 「有明海観測タワーのデータに基づく貧酸素水塊発生時の沿岸海洋構造について」
  • 「有明海奥部干潟域における脱窒菌数の分布と底質環境について」
  • 「干潟域における底生生物の底泥および水質環境に及ぼす影響について」
  • 「干潟域底泥を用いた水質浄化に関する実験的研究」
  • 「有明海干潟域底泥の脱窒能とその律速因子について」
  • 「有明海奥部における貧酸素水塊の発生と防止策について」
  • 「有明海干潟における硝化機能とその律速要因について」
  • 「波と流れの共存場における底泥の巻き上げと底泥条件との関係」
  • 「波と流れの共存場における底泥の巻き上げ率に関する実験的考察」

受賞

  • 2002年5月 農業農村工学会(旧 農業土木学会) 農業土木学会賞 論文奨励賞

    画像の説明

    画像の説明

  • 2006年5月 EMECS7 Best Poster Awards【共著】

    画像の説明

  • 2011年11月 農業農村工学会九州支部講演会 ポスター賞受賞(優秀賞)【荒木啓輔】

    画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional