地域水循環を踏まえた地下水持続利用システムの構築

研究実施体制

研究実施体制

  1. 水循環機構・構造の実態解明」グループ
    ①研究分担グループ長:嶋田 純(熊本大学大学院自然科学研究科、教授)(研究代表者)
    ②研究項目
    ・地下水流動・地下水管理システムの統合と島嶼地域への適応
    ・3次元高精度電気探査装置の開発と可視化技術の実用化
    ・マルチ同位体法の開発と島嶼地域への適応

  2. 水質浄化・負荷軽減技術の開発」グループ
    ① 研究分担グループ長:河原正泰(熊本大学大学院自然科学研究科、教授)(主たる共同研究者)
    ② 研究項目
    ・Anammox法による窒素処理技術の開発と島嶼地域への適応
    ・簡易水質浄化技術の開発と実用化の検討
    ・原位置NO3-N軽減システムの開発と島嶼地域への適応

  3. 淡水生物を利用した水質モニタリング手法の開発」グループ
    ① 研究分担グループ長:北野 健(熊本大学大学院自然科学研究科、准教授)(主たる共同研究者)
    ② 研究項目
    ・遺伝子導入生物センサー等の開発と実用化の検討


powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional