地域水循環を踏まえた地下水持続利用システムの構築

水質浄化グループ

 水質浄化・負荷軽減技術の開発グループ

 水質浄化グループでは,汚染発生源での負荷低減技術と原位置処理の結合による包括的な地下水水質維持システムの構築を行うことを目的として,原位置での硝酸性窒素負荷の軽減システムの構築,嫌気性アンモニア酸化細菌を活用する経済性に優れた窒素除去リアクタの実用化,繊維状イオン吸着剤の成果を応用した各種重金属イオン,硝酸性窒素・リン酸・フッ化物イオン等の除去カラムの開発により,様々な規模に応用できる安価で簡便な水浄化装置の開発を行う.

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional