Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

FrontPage

ほりえ研究室(動物生理学)のホームページへようこそ

中枢神経系が光るホヤ

 私たちは、原始的な脊索動物であるホヤをモデルとして、脳・神経回路の形成や感覚器官・ニューロンの発生と分化、これらの生理機能に関する研究を行っています。また、私たちはホヤやウニなどの海産無脊椎動物のゲノム情報をもとにプロテオミクス解析を行っています。

##詳しくは研究内容をご覧下さい。

News

2015年9月10日-12日
HHMI Janelia Research Campusで開催された2015 Transcriptinal Imaging Consortium Meetingに参加しました。詳しくはこちら

2015年7月23日
日本からプリンストン大学に戻りました。

2015年7月21日
ほりえが、同志社大学脳科学研究科の水谷健一先生の研究室で「ホヤ幼生の中枢神経系の発生と生理機能に関する研究」についてセミナーをさせていただきました。詳しくはこちら

2015年7月12日~18日
ほりえが 8th International Tunicate Meeting において口演を行いました。詳しくはこちら

2015年7月6日~11日
動物発生学臨海実習を行っています。

2015年7月1日
日本に一時帰国しました。

2015年6月1日
ほりえがプリンストン大学Lewis-Sigler Institute for Integrated GenomicsのMike Levine研究室に赴任しました。約2年間プリンストン大学で研究を行います。プリンストン大学Lewis-Sigler Institute for Integrated Genomicsの詳細はこちら

2015年5月27日
研究室のOGの皆さんが研究室を訪問してくれました。メンバーの写真を更新しました。

2015年4月1日
メンバーを更新しました。

2015年2月5日
ほりえがJSTさきがけ「脳神経回路の形成・動作と制御」領域 第3回研究成果報告会で口演を行いました。詳しくはこちら

2014年10月14日
ほりえがホヤ研究会2014おいて「ホヤ幼生の遊泳運動神経回路の構造と生理機能」というタイトルで口演を行いました。

2014年9月26日
ほりえが日本動物学会第85回仙台大会シンポジウム「海産無脊椎動物 ―生命情報の宝の山 Ⅱ―」において「ホヤ幼生の遊泳運動神経回路の構造と生理機能の解析」というタイトルで口演を行います。また、ほりえがオーガナイザーを務める関連集会「ホヤの生物学談話会」が行われます。シンポジウム、関連集会終了後には懇親会も企画しておりますので、興味のあるかたはぜひご参加下さい。
詳しくはこちら

2014年4月1日
研究室のメンバーを更新しました。

2014年3月17日
ほりえが第91回日本生理学会大会シンポジウム「無脊椎動物から哺乳類へとつながる運動制御の神経回路-Central Patten Generator研究の最前線-」において
「Structural and physiological analysis for a central pattern generator controlling swimming locomotion of the ascidian larva」というタイトルで口演を行いました。
詳しくはこちら

2013年12月4日
ほりえが第36回日本分子生物学会年会で
「In vivo calcium imaging of neural circuit for swimming locomotion of the ascidian larva」というタイトルでポスター発表を行いました。ポスター番号は2P-0736です。
詳しくはこちら

2013年10月9日
ほりえが筑波大学生命環境科学研究科において、H25年度第2回先端生物科学セミナーとして「ホヤ幼生をモデルとした脳・神経回路の発生と生理機能に関する研究」というタイトルで講義を行います。
場所は第2エリア 2B409で、時刻は16:45-18:00になります。

2013年9月26日
岡山大学津島キャンパスで開催される日本動物学会第84回岡山大会において、ほりえがオーガナイザーを務めるシンポジウム「海産無脊椎動物 ―生命情報の宝の山―」と関連集会「ホヤの生物学談話会」が行われます。シンポジウム、関連集会終了後には懇親会も企画しておりますので、興味のあるかたはぜひご参加下さい。
詳しくはこちら

2013年9月25日
ほりえが兵庫県立大学理学部において、「遺伝学的手法を用いたホヤ幼生の脳・神経回路の発生と生理機能に関する研究」というタイトルでセミナーを行います。
詳しくはこちら

2013年9月17日
研究室の集合写真を更新しました。

2013年9月13日
ほりえがお茶の水大学・湾岸生物学教育センターで開かれる海産生物の発生生物学:合同公開臨海実習で「ホヤをモデルとした脳・神経回路の発生と生理機能に関する研究」に関する講義を行います。
詳しくはこちらこちら

2013年9月6日
ほりえが第7回 Motor Control研究会ワークショップ「ブラックボックスの解明に挑む-無脊椎動物の神経回路研究から学ぶこと」において
「ホヤ幼生における遊泳運動神経回路の発生とその動作原理」というタイトルで口演を行います。
詳しくはこちら

2013年7月13日
ほりえが日本比較生理生化学会 第35回大会で
「In vivo calcium imaging of neural circuit for swimming locomotion of the ascidian larva
」というタイトルで発表を行います。
詳しくはこちら

2013年4月5日
生命環境科学研究科のホームページでほりえの研究プロジェクトについて紹介していただきました。
詳しくはこちら

2013年4月2日
ほりえが「筑波大学若手教員奨励賞」をいただきました。
詳しくはこちらこちら

2013年2月25日
ほりえが第1回JAMBIO国際シンポジウムで
「Ependymal cells of chordate larvae are stem-like cells that form the adult nervous system」というタイトルで口演を行います。
詳しくはこちら

2013年2月5日
研究室の集合写真をアップしました。

2013年1月31日
ほりえが筑波大学研究成果フォーラム2013で、
「脳・神経系の発生プログラムの多様化と進化機構の研究」というタイトルで口演およびポスター発表を行います。
詳しくはこちら

2012年5月26日
動物飼育に関する教科書的な本である「研究者が教える動物飼育」が共立出版社より出版されました。 ほりえは第3巻でカタユウレイボヤの飼育の項目を担当しました。
詳しくはこちら

2012年5月24日
研究室のメンバーを更新しました。

2012年5月23日
ほりえを研究代表者とする研究課題が、筑波大学戦略イニシアティブ推進機構の平成24年度プレ戦略イニシアティブ研究プロジェクト提案型に採択されました。本プロジェクトはホヤ、ウニ、ウミユリ、珍無腸門などを用いて、新口動物における脳・神経系の多様性と普遍性を生み出す発生プログラムを明らかにすることを目的としています。
詳しくはこちら

2012年5月19日
筑波大学大学院・生命環境科学研究科・生物科学専攻のオープンラボで研究室紹介のポスターを展示しました。ご来場していただきありがとうございました。
詳しくはこちら
研究室訪問や研究に関する質問は随時受け付けていますので、興味のある方は堀江までご連絡を下さい。

2012年1月13日
理化学研究所, JSTさきがけの阿部洋先生に「生細胞内遺伝子発現の解析と制御を目的とした機能性核酸分子の創製」というタイトルでセミナーをしていただきました。阿部先生、ありがとうございました。
詳しくはこちら

2011年11月12日
ほりえが筑波大学下田臨海実験センターの一般公開で、
「脳・神経系が作られる仕組み、働く仕組み」というタイトルで口演させていただきました。ありがとうございました。
詳しくはこちら

2011年9月22日
京都大学の太田尚志さん、筑波大学の笹倉靖徳先生、沖縄科学技術研究基盤整備機構の佐藤矩行先生との共著論文が2011年のZoological Science Awardを受賞しました。太田さん、おめでとうございます。
詳しくはこちら

2011年9月17日
日本生物物理学会第49回年会シンポジウム「一個体イメージング」においてほりえが口演をさせていただきました。ありがとうございました。

2011年8月25日
ほりえがJSTさきがけ「脳神経回路の形成・動作と制御」に選ばれました。
詳しくはこちら

2011年8月5日
ホームページを公開しました。

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional