研究室のソリューションAcademic Cafe

Academic Cafeとは

大学の研究室が無料で使える
インターネットサービス Academic Cafe

AcademicCafeでできること

QuickHomepageMaker

QuickHomepageMaker

Quick Homepage Makerという、誰でも簡単に、
シンプルで美しいホームページを作るためのシステムを提供します。

もちろん、使い方なども動画+Web上のマニュアルで解説しています

サーバースペース

サーバースペース

110128-0011.png に任意にホームページ領域を作ることができます。ホームページスペースも、用意しています。

「何もなくても、研究の情報発信」をスタートさせることができます。

IT活用ノウハウ

IT活用ノウハウ

メーリングリストや、ゼミ内向けのWebページを作って、情報共有する方法や、カレンダーを使って機材の貸し出し管理、スケジュール管理をする方法など。

様々なIT活用ノウハウを提供します(随時更新)

フォーラム

フォーラム

登録メンバーだけに公開されるWeb上のフォーラムで、「活用方法の教え合い」や、その他の情報共有、情報交換をすることができます。分からないことを、ここで尋ねると回答してくれる可能性があります。

また具体的な共同研究のアイデアが生まれるかもしれません

AcademicCafeでできること



運営理念


Academic Cafeプロジェクトの目的は、

AcademicCafeの目的

「すべての研究室に、IT活用の促進を行い、
研究内容や成果を積極的に発信することで分野の壁を越え、
相互に研究成果の利用し、産官学の共同を促進すること」

です。

また、このような活動から広げ、学会組織とは別に
「全くの異分野や、大学の垣根を越えた研究の繋がりを実現する」ことです。

なお、関西大学総合情報学部 古田均研究室と共同で、
Academic Cafeの内容や、立ち上げ、運営を行っています。

>>> プロジェクトスタート物語



なぜ無料なのか


運営責任者の(株)北摂情報学研究所の代表・亀田は、関西大学総合情報学研究科にて情報学の博士号を取得し、その後、研究員を経て、(株)北摂情報学研究所を設立しました。

大学の研究だけでなく、「今、実社会に役立つことをしたい」という思いから起業しましたが、現在も大学と繋がりを持ち、研究に携わっています。

そんな中、多くの研究室が、もっと情報発信ができれば、面白いのに・・・ということから、当プロジェクトをスタートしました。



研究


研究室がITを活用できれば、様々なチャンスがあります。

例えば、研究成果を企業側が発見してくれることによって、
「共同研究」や「社内研修」に研究成果を利用してもらえるチャンスが増えます。

また、高校生や、社会人の方々が、「この研究室に入りたい!」と興味を持ってくれる可能性も大いにありますし、現役の学生は、ゼミ選びに非常に役立ちます

このような状況を実現するために、Academic Cafeプロジェクトはスタートしました。


北摂情報学研究所

Academic Cafe の運営費用は、株式会社 北摂情報学研究所が負担しています。
当社は、Academic Cafeで提供するQuick Homepage Maker(QHM)の開発元でもあります。
したがって、広告が表示されることもありません。
ずっと無料で、Academic Cafeを利用することができます。

当社としては、大学の研究に役立つことで、何らかのサービスを検討していき、長い目で見て、役立つビジネスが立ち上げられることができれば、嬉しい限りです。

その他、疑問などは、よくある質問をご覧下さい。