Kitami Institute of Technology, Hashimoto Laboratory

FrontPage

ようこそ!橋本研究室へ

橋本研究室は、2011年4月より国立大学法人北見工業大学工学部電気電子工学科において活動を開始しました.研究対象は、ヒトの運動や感覚の統合処理に関連する神経ネットワークに関する研究やそれを応用した人間と機械との調和を目指したリハビリテーション工学や生体医工学です.

現在、さまざまな工学技術が医療に生かされ、私たちは日常生活の中でその恩恵を多分に受けています。医工学技術は、工学単独の研究だけでなく、医学との連携によって生み出されてきた経緯があり、医工学を学び、生かしていくためには、工学からの視点と精緻な生体メカニズムに対しての深い理解が必要となります。

当研究室の目標

+ 医学部や地域の病院との共同研究を通してブレイン・マシン・インタフェースのような新しい医工学技術を開発すること

+ 生体計測分析技術を使ってヒトの脳・神経メカニズムの解明すること

+ 医学と工学の橋渡しができる高度専門技術者を研究活動を通じて育成・輩出すること

a:10152 t:4 y:7

研究室ニュース

2014/01/17

2013/06/04

  • 北見工業大学、旭川医科大学附属病院、慶應義塾大学理工学の共同研究で生まれた脳と機械をつなぐ技術(BMI)の研究がInternational Annual Brain-Computer Interface Award 2013の世界169のトップレベル研究の中からベスト10の研究の1つとして選ばれました。http://www.bci-award.com/ 6月6日にカルフォルニア州アシロマで受賞式があります。またベスト10の中から最優秀賞の発表もあります。

2013/01/21

2012/03/20

2012/01/12

2012/01/06

  • Linkに旭川医科大学リハビリテーション科のホームページを追加しました。

2011/12/20

  • Linkに早川先生の研究室ホームページを追加しました。

2011/12/19

  • Linkを更新しました。

2011/12/18

2011/12/15

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional