地域水循環を踏まえた地下水持続利用システムの構築

水循環グループ

水循環機構・構造の実態解明グループ

 水循環解明グループでは,特定地域の水循環の一環として,地下水流動機構の解明とそれを踏まえた水量・水質面からの持続的地下水利用システムの構築を行うことを目的として,これまで個別に実施されていた地下水量評価,地下水水質評価軽減の開発研究を地下水管理システムとして統合する.そのため,水理地質構造把握手法としての3次元高精度電気探査装置の開発や,地下水流動トレーサーとしてのマルチ年代法(CFCs法,SF6法,85Kr法など)の開発を行う.

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional