熊本大学拠点形成研究B「閉鎖性沿岸海域における環境と防災、豊かな社会環境創生のための先端科学研究・教育の拠点形成」

FrontPage

はじめまして

 本研究拠点は、有明・八代海域や東シナ海域(渤海、韓国沿岸)などの閉鎖性海域が抱える環境と防災問題と地域社会形成に関する、緊急の国家的・国際的重要課題に応えるために、学際的・複合的広範な研究分野から“環境”と“防災”の研究を推進しつつ、“環境と防災の調和”を目指す新たな学識領域の研究教育を行なって、より高度な教育研究の推進と、“優れた地域社会環境の創生(Life ware)”に向けた技術開発と社会政策への貢献を行なうことを目的としています。
 このために、社会のニーズと熊本大学を中心とした優れたシーズとが結合した確固としたネットワークを構築する。すなわち、工学、理学、社会学などから構成した熊本大学の研究者を中心に、国、県、市などの行政機関、民間企業やNPO等との連携をさらに強化するとともに、海外の大学、特に中国(北京大学など)や韓国(ソウル大学、仁荷大學、済洲大学など)の大学との協定締結を基に、研究と人材交流を通じての拠点形成を図る。
 本研究拠点の形成過程において21世紀における持続可能な地域社会形成のため先端科学の展開と、これに必要な人材を育成し、世界最高水準の研究教育拠点の形成を目指す。


更新情報

2013.11.05 お知らせを更新しました。
2013.09.20 お知らせを更新しました。
2013.07.08 お知らせを更新しました。
2013.06.12 お知らせを更新しました。
2013.04.12 お知らせを更新しました。
2013.02.02 お知らせを更新しました。
2012.12.18 お知らせを更新しました。
2012.12.04 お知らせを更新しました。
2012.11.15 お知らせを更新しました。
2012.10.04 お知らせを更新しました。
2011.10.01 HPを作成しました。


トータル:2098 今日:1 昨日:1

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional