長崎大学 大学院水産・環境科学総合研究科附属環東シナ海環境資源研究センター 石松研究室

ベトナム写真館

ベトナム写真館

平成23年度からベトナムカントー大学(Cantho University)との共同研究を開始しました。
メコンデルタの泥干潟域を主な調査地とし、海外研究者との共同調査によって、mudskipper類(トビハゼ・ムツゴロウ類の総称)の種組成、生活史・個体群密度・成長、生息域の物理化学環境、餌料生物(微小藻類ほか)の分類・増殖特性、およびmudskipper類による生物撹乱が微生物群集に与える影響、等を明らかにし、これらを通して、メコンデルタでのmudskipper類の生態ほかの生物学的情報を集積し、ベトナムで食料として重要な位置を占めるmudskipper類の資源保護と持続的利用のための基礎的知見を提供するためです。
現在では、ベトナム南部で盛んに養殖されていて、食用となっているPseudapocryptes elongatus(現地名カケオ)の産卵生態を明らかにすることを中心に調査を行っています。現地では、カケオの稚魚を養殖種苗として、河口域で袋網によって大量に漁獲しています。ベトナムにはどうも漁獲統計のようなものはないらしく、また資源量調査もなされていないらしいのですが、カケオが減ってきているという話はしばしば漁師さんから聞きます。そこで、まず産卵生態を明らかにして資源保護を図るとともに、将来的には人工種苗生産に繋げて行きたいと思っています。

このページではベトナムでの活動の様子をお伝えいたします。

March.2016
 今回もっともびっくりしたのは、貝の種類が多いことです。ホテルの近くの海鮮料理店で見たところ、ざっと10種類くらいもあったでしょうか。カキやマテガイあるいはアカガイみたいな貝はもちろん、巻貝も二枚貝もいろいろあって、大変美味しかったです。
 また別の店ではマッドスキッパーの串焼きを食べました。こちらは、Boleophthalmus boddartiをたくさん焼いていましたが、Periophthalmodon schlosseriもありました。ボダルティは、白身でなかなか味付けがよく、美味しかったです。またベトナムからの帰りにはP. schlosseriの干物をお土産にもらいました。カマウ省で売られているそうです。あぶって食べるか、フライにしても美味しいと聞きました。なぜか頭の前半分は落としてあります。エラもとってありました。ただし、こんな勢いでマッドスキッパーを採っていたら、すぐに数が減ってしまうと思います。私たちが20年前に調査をやっていた、マレーシアのペナン島も開発のせいかすっかりマッドスキッパーがいなくなってしまいました。壊してしまった自然を取り戻すのは不可能に近いです。今のうちにベトナムの人達と協力して、干潟の自然を守りたいと思います。
貝の種類の豊富さにびっくり!!&show(): File not found: "auto_kPBibk.png" at page "ベトナム写真館";ボダルティの串焼き炭火で焼きます

December.2015
 雨季が終わって、しばらくは涼しい日が続いていましたが、このところまた35度近くの暑さが戻ってきました。最低気温が27度くらいです。
 今日は、ベトナムのお金の話を少し。ベトナムの通貨はドン(ベトナムドン)です。1,000ドンが5.4円です(2015年12月28日現在)。お札は、500,000、200,000、100,000から(途中省略)2,000、1,000そして500ドンがあります。ご覧のようにデザインはほぼ同じですから、間違えやすいです。コインもありますが、まず目にすることはありません。
なんせ桁数が大きいので、普通は下3桁を省略して、500,000ドンを500ドンと言ったりします。日本円に換算する時には、この指揮で5.4(ざっくりなら5)を掛けましょう。今日の私の昼御飯は20(,000)ドンでしたから、約120円というわけです。
 ベトナムの人は、正直な人が多く店でお札を間違えて余計にお金を渡しても、きちんと帰ってきます。ただし、ホーチミンなどの大都会では、タクシー運転手などには悪質な人もいます(日本と同じ)。ご用心を。
s_IMG_0954.pngs_IMG_0956.pngs_IMG_0957.png

December.2015
今日は、カントー大学の学食風景を紹介します。カントー大学には10箇所くらいの学食があります。学生寮に何千人も住んでいるようですから、学食のほかにカフェや小さな店も何箇所かあります。食事は、お皿に盛った御飯に野菜を乗せて、それ以外豚肉、鶏肉、魚など自分が食べたいものを選んで乗せてもらいます。スープがついて(お茶はつかないところが多い)20,000ベトナムドンですから、約100円です。いくら高くても150円。バナナは1本5円。学食によって美味しいところと、そこそこのところがあります。学生寮の近くの学食は夜9時くらいまで開いています。
水産から一番近い学食。熱帯の雰囲気が漂っています。まず、英語は通じません。気持が通じればなんとかなります。
ベトナムでは食べる前にお箸やスプーンをティッシュで拭きましょう。そして、ニョクマム(漁礁)をかけて、いただきます!

November.2015
ベトナム料理は基本ニョクマム味ですが、癖や臭みもなく大変美味しい料理が多いです。今回は日本ではなかなか見られない料理をご紹介いたします。

トゲウナギ科のスパイニーイールとイヌ鍋です。スパイニーイールは唐揚げ等にして食べます。養殖されていると聞きました。かなり美味しい。
イヌ鍋はイヌ専用の食堂があります。韓国でもそうですが、若い人はあまり食べないようです。赤身の肉で、普通の肉です。
スパイニーイールイヌ鍋
左は…これだけは、あまり食べたくありませんでした。高級食材のようで、木屑が詰められた箱の中で動いていました。生きたまま頭の黒いところを噛み切って、体の中の液を吸えと言われたので、そうしましたが、ポタージュスープのようなものがズバッと出てきました。味わうとかそういう感じではありませんでした。右はオオウナギです。この時は鍋物にしましたが、これは大変美味でした。
虫…オオウナギ
左はアパートの近くの店です。若い人が多くて、なかなか繁盛しています。エビは大変美味しいです。御飯が時々、洗面器に入って出てきます
アパート近くの食堂洗面器ご飯
ライギョです。ライギョの仲間は何種類か養殖されています。韓国でも中国でも、東南アジアの各国でも高級魚の一つです。この時は開いてあぶった形で出てきて、それを少しとって、春巻きみたいにして食べました。もちろん美味しいです。
ライギョ春巻き作成中
左はジャイアントグラミーです。この魚はかなり大きく(60 cmくらい)なります。もちろん養殖されています。鱗がいっぱい付いてて、ちょっとグロいですが、味はなかなか美味しいです。右はハトです。ハトはグリルで食べる時が多いのですが、この時は、ごらんのミンチが出てきて、これを鍋に入れて御飯と一緒におかゆみたいにして食べました。ハトは大変美味しいです。
ジャイアントグラミーハト
テナガエビとレッドティラピアです。淡水産。癖がなくてとても美味しいです。
テナガエビレッドティラピィア
左はバーバーバー、右はタイガービールです。バーとはベトナム語で3のことです。フランスに33と言うビールがあったので、ベトナムはそれを追い越すために333と名前をつけたと聞きました。ちなみに、ベトナムでは乾杯のときは、モク、ハイ、バー(1、2、3)、ヨー(乾杯)といいます。ベトナムでは普通はビールに氷を入れて飲みます。早く飲まないとうすくなってしまいます。
バーバーバータイガービール
左はサイゴンビールのスペシャルです。これでも60円くらいです。右はベトナムの野菜です。メコンデルタでは、気温が高いため、白菜やキャベツのような葉っぱが巻いた野菜はあまり見ません。大体こんな感じの野菜が多いです。
サイゴンビールベトナムの野菜

November.2015
10月1日から12月31日までカントー大学に滞在します。生活の一こまを写真に撮ってみました。
こちらの生活は、なかなか快適です。毎日大学とアパートの往復には自転車を借りて、使っています。最初は道路を通るのがちょっと怖かったですが、もうすっかり慣れました。食事はお昼はいつも大学の学食です。下の写真にあるようにかなり安いです。キノボリウオの煮物が最初は珍しかったですが、もう日常の物になってしまいました(写真はキノボリウオではありません)。夜は学食で食べたり、帰りに食堂で食べたりしています。雨季なので、かなり激しい雨がほぼ毎日降っています。水はけが良くないので、少し長く降ると道路が冠水して、自転車で帰るのに困ります。
ヘビ料理の店で。お姉さんの顔がちょっとこわいです。
ヘビ料理店のお姉さん
雨が凄くて、夜大学から帰るのに困ったことが2度ありました。11月いっぱいは雨季。
川ではありません、道路です
学食で食べている御飯です。1食80円くらい。
安くて美味しい!

December.2013
今回は、カントー大学のMai van Hieuさんと、私・横内君でまずいつも調査をしているBac Lieuに行き、干潟の最も低い部分にカケオがいるのかを調べました。答えは全くいませんでした。その後、ベトナムで最も西の端の方(Nam Can)へ行き、付近の干潟を調べました。結果からいうと産卵場所は見つけることができませんでしたが、地図にも載っていない(たぶん)島の沖合にかなり大きな干潟が広がっていて、そこは泥も有明海のように柔らかいことから産卵地である可能性はあると感じました。来年の産卵期に再訪しようと考えています。漁師さんの家でお酒をご馳走になってから干潟に行ったものだから、かなりきつい調査でした。

マングローブをくぐって海岸に出ましたが、やっぱりカケオはいませんでした。
マングローブの中
世界最大のトビハゼPeriophthalmodon schlosseriとタウナギの仲間(Monopterus?)です。市場で撮った写真で、これも食べます。右の写真の真ん中の個体は巨大でした。胴体の直径が5センチくらい。
Periophthalmodon schlosseriMonopterus
左はタウナギの仲間、Ophisternon bengalenseだと思います。これも市場で売ってました。右はOxuderces dentatusです。とても珍しいと思っていましたが、いるところに行けばいます。お酒をご馳走になった漁師さんのお宅で。
Ophisternon bengalenseOxuderces dentatus
川に向いた側は壁がありません。ボートは家に直着です
漁師さんの家

June.2013
ベトナム最南端へ! 道が無いのでマングローブの中を船で向かいます。
美しいマングローブいざ最南端へ!
道端を歩いていたキノボリウオとTan An の市場のカケオです。
キノボリウオが道路を歩くのはこの時期だけの光景だそうです。キノボリウオカケオ
市場の様子です。果物も魚(淡水魚)も種類が豊富です。
果物屋魚屋
しばしの休憩。右はベトナムコーヒー。とても美味しいです。
ハンモックで休憩ベトナムコーヒー
October.2012
美しく広大な干潟です。木の船で沖へいきます。
干潟調査
調査対象の魚です。市場で売られています。
カケオキノボリウオ・カムリチー

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional