細野研HP

Textbooks

Textbooks(教科書、訪問記、読み物など)

Book chapters(執筆した教科書や本のチャプター、学術書)

12. 松田博貴, 細野高啓. 陸水の表層循環と地層の形成. In: 新しい地球惑星科学(西山忠男, 吉田茂夫編), 2019, 培風館, 222-230.
11. Rahman, A.T.M.S.; Hosono, T.; Mazumder, Q.H.; Jahan, C.S. Sustainable groundwater management in context of climate change in northwest Bangladesh. In: Achievements and challenges of integrated river basin management (Komatina, D. editor), Rijeka, Croatia, IntechOpen, 2018, pp. 101-120. DOI: 10.5772/intechopen.73305.
10. 細野高啓, 森村 茂. 地下水硝酸汚染の現状と自然浄化の実態. In: 持続可能な地下水利用に向けた挑戦(嶋田 純, 上野眞也編), 2016, 成文堂, 77-99.
9. 河原正泰, 細野高啓. 地下水中の天然由来ヒ素汚染の実態とその対応策の提案. In: 持続可能な地下水利用に向けた挑戦(嶋田 純, 上野眞也編), 2016, 成文堂, 235-254.
8. 細野高啓,Ako, A.A., Richard, A., 井手 淨.名水を訪ねて(108)カメルーン山周辺の湧水群. 地下水学会誌, 2015, 57, 93-107.
7. Hosono, T. The NA (nitrate-arsenic) boundary as an important concept in aquatic environmental studies. In: The Dilemma of Boundaries: Toward a New Concept of Catchment (Taniguchi, M.; Shiraiwa, T. editors), Springer-Verlag, 2012, pp. 37-53.
6. 細野高啓, 汪 中和. 台北の水環境(水環境と水環境問題). In: アジアの都市と水環境(谷口真人, 金子慎治, 吉越昭久編), 古今書院, 2011, pp. 136-149.
5. 細野高啓, 尹 昭苑, 梁 海根, 谷口智雅. ソウルの水環境(水環境と水環境問題). In: アジアの都市と水環境(谷口真人, 金子慎治, 吉越昭久編), 2011, 古今書院, 90-99.
4. 細野高啓. 分担執筆. In: アジア巨大都市(谷口真人, 谷口智雅, 豊田知世編), 新泉社, 2011, pp. 42-43, 52-53.
3. 細野高啓. 鳥海山の地質と湧水. In: 鳥海山の水と暮らし~地域からのレポート(秋道智彌編), 東北出版企画, 2010, pp. 102-124.
2. Hosono, T. Application of stable isotopes to watershed environmental diagnosis in agricultural irrigation areas. In: Agricultural Irrigation Research Progress (Alonso, D.; Iglesias, H.J. editors), Nova Science Publishers, Inc., New York, 2008, Chapter 3, pp. 37-51.
1. 折橋裕二, 元木昭寿, Haller, M., CHRISTMASSY研究プロジェクト・火山班. 超背弧地域に産する比較的大規模な玄武岩類の成因:パタゴニア北部, ソムンクラ台地を例に. 月刊地球, 2005, 27, 438-447.

Proceedings and Reports(プロシーディング、報告書や紀要)

25. Nikpeyman, Y.; Hosono, T.; Ono, M.; Yang, H.; Shimada, J.; Takikawa, K. Evaluating the sea water – groundwater interaction using 222Rn method in Yatsushiro Sea, SW Japan. Proceedings of the 3rd GelK International Symposium. Kumamoto University, Japan. 2014, pp. 47-50.
24. 細野高啓, 林殷田, アルバレス・ケリー, 森村茂, 曾祥勇, 森康二, 松永緑, ホセイン・シャハダット, 嶋田純.科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業「持続可能な水利用を実現する革新的な技術とシステム領域」 日本地下水学会2014年秋季学術大会公開シンポジウム『地下水流動に伴う帯水層中での硝酸性窒素の振る舞い』. 予稿集, 2014, pp. 5-15.
23. Nikpeyman, Y.; Hosono, T.; Yang, H.; Ono, M.; Shimada, J.; Ichiyanagi, K.; Takikawa, K. 文科科学省特別経費-大学の特性を生かした多様な学術研究機能の充実―「生物多様性のある八代海沿岸海域環境の俯瞰型再生研究プロジェクト」. 中間報告書, 2014, pp. 121-136.
22. 細野高啓: 平成24年度成果報告書. 熊本大学平成20年発足「拠点形成研究B」平成24年度最終報告書, 2013, pp. 39-52.
21. Nikpeyman, Y.; Ono, M.; Hosono, T.; Heejun, Y.; Shimada, J. The evaluation of rivers 222Rn activity effect on SGD measurements in Yatsushiro Sea. Proceedings of the 3rd GelK International Symposium. Kumamoto University, Japan. 2013, pp. 97-102.
20. 細野高啓: 平成23年度成果報告書. 熊本大学平成20年発足「拠点形成研究B」平成23年度報告書, 2012, pp. 30-36.
19. 細野高啓. 熊本地域の被圧地下水帯水層中の脱窒機構.科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業「持続可能な水利用を実現する革新的な技術とシステム領域」 熊本大学・埼玉大学CREST合同ワークショップ『地下水帯水層中での脱窒菌の振る舞い』プロシーディング, 2012, pp. 19-24.
18. 細野高啓, Lin, I-T. 実験室レベルでのマルチトレーサーを用いた脱窒機構の解明.科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業「持続可能な水利用を実現する革新的な技術とシステム領域」 熊本大学・埼玉大学CREST合同ワークショップ『地下水帯水層中での脱窒菌の振る舞い』プロシーディング, 2012, pp. 35-38.
17. 河野麻希子, 谷水雅治, 淺原良浩, 南雅代, 細野高啓, 中村俊夫: 北海道利尻島の泥炭湿地に飛来する鉛の供給源の変遷. 名古屋大学加速器質量分析計業績報告書, XXIII, 2012, pp. 138-148,.
16. 細野高啓: 平成22年度成果報告書. 熊本大学平成20年発足「拠点形成研究B」平成22年度報告書, 2011, pp. 53-61.
15. 細野高啓: 平成21年度成果報告書. 熊本大学平成20年発足「拠点形成研究B」平成21年度報告書, 2010, pp. 49-62.
14. Uchida, E.; Hosono, T.; Suda, C.; Ueno, A.; Arai, H.; Katayama, Y.; Lee, H.S. Study on the deterioration of sandstone material. Report on the conservation and restoration of the Northern Library inside the Outermost Enclosure of Ankor Wat. JSA, 2010, pp. 132-189.
13. Hosono, T. Groundwater nitrate-arsenic pollution in Asian countries controlled by redox nature of aquifer systems. Proceedings of 1st International Symposium on Groundwater Environment, 2010, pp. 73-79.
12. Hosono, T: Assimilation of lower to middle crust by high alumina basalt magma as an explanation for the origine of volcanic rocks in southern Kyushu, Japan. 「平成20年度深田研究助成」研究報告, 2010, pp. 1-18.
11. Onodera, S.; Saito, M.; Ishitobi, T.; Umezawa, Y.; Hosono, T.; Taniguchi, M. Pole of sediment discharge and submarine groundwater discharge as contaminant discharge process to ocean at coastal mega-cities. Proceedings of RIHN Research Project 2-4 “Human Impact on Urban Subsurface Environments” Progress Report 2007, 2008, pp. 56-65.
10. Hosono, T. Result of Material Group study (terrestrial part): Pollution status and mechanism in each Asian mega city. Proceedings of RIHN Research Project 2-4 “Human Impact on Urban Subsurface Environments” Progress Report 2007, 2008, pp. 61-65.
9. Siringan, F.P.; Takeda, K.; Onodera, S.; Taniguchi, M.; Saito, M.; Hosono, T.; Jago-on, K.; Umezawa, Y. Reconstructing the metal pollution history of Metro Manila from depth profiles of sediments from three water bodies. Proceedings of RIHN Research Project 2-4 “Human Impact on Urban Subsurface Environments” Progress Report 2007, 2008, pp. 96-103.
8. 細野高啓, 中野孝教, 井桁明丈, 陀安一郎, 田中拓弥, 谷内茂雄. 硫黄・ストロンチウム同位体比およびマルチ元素に基づいた農業活動がおよぼす宇曽川流域への影響. 琵琶湖-淀川水系における流域管理モデルの構築. 総合地球環境学研究所, 2007, pp. 129-150.
7. 細野高啓, 中野孝教, 井桁明丈, 田中拓弥, 谷内茂雄. 硫黄・ストロンチウム同位体比およびマルチ元素を用いた施肥と代掻きによる田面水の水質変化. 琵琶湖-淀川水系における流域管理モデルの構築. 総合地球環境学研究所, 2007, pp. 77-83.
6. 中野孝教, 井桁明丈, 細野高啓, 今田美穂, 陀安一郎, 山田佳裕, 兵頭不二男, 田中拓弥, 和田英太郎, 谷内茂雄. 赤野井地域の河川水の水質の地域的特徴. 琵琶湖-淀川水系における流域管理モデルの構築. 総合地球環境学研究所, 2007, pp. 160-163.
5. 中野孝教, 陀安一郎, 山田佳裕, 細野高啓, 井桁明丈, 兵頭不二男, 安渡敦史, 田中拓弥, 和田英太郎, 谷内茂雄: 琵琶湖の流入河川の水質に与える農業活動の影響. 琵琶湖-淀川水系における流域管理モデルの構築. 総合地球環境学研究所, 2007, pp. 164-183.
4. Nakano, T.; Nishikawa, M.; Shin, K.; Hosono, T.; Yokoo, Y. Source identification of the “perfect Asian dust storm” in April 2001 using Sr-Nd isotopes. Fourth ADEC Workshop, 2005, pp. 285-288.
3. 細野高啓, 内田悦生, 須田千幸, 上野晃世. アンコール遺跡における塩類風化プロセス. アンコール遺跡調査報告書. 東京JICE, pp. 2005.
2. Hosono, T.; Nakano, T.; Onodera, S. Research on groundwater quality in the Seoul City (Ab initio). Proceedings of RIHN international symposium on Human Impact on Urban Subsurface Environments, Kyoto, 2005, pp. 130-133.
1. Hosono, T.; Uchida, E.; Suda, C.; Ueno, A. Salt weathering process of the Angkor monuments. Annual report on the technical survey of Angkor Monument, Tokyo JICE, pp. 2005.

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional