細野研HP

Activity

Professional Service(学術活動)

Affiliated Academic Society(所属学会)

American Geophysical Union 2009-present
International Association of Hydrological Sciences 2008-present
Japanese Association of Groundwater Hydrology(日本地下水学会) 2014-present
Japanese Association of Hydrological Sciences(日本水文科学会) 2012-present
Japanese Society for Scientific Studies on Cultural Properties(日本文化財科学会) 2004-2014
The Geological Society of Japan(日本地質学会) 2002-2009
The Society of Resource Geology(日本資源地質学会) 1998-2014

Editorial Responsibilities(学術雑誌の編集)

2018-present Guest Editor, Journal of Hydrology, Special Issue "Coseismic hydro-environmental changes: insights from recent earthquakes"
2016-2018 Associate Editor, Hydrological Research Letters
2015 Japanese Association of Groundwater Hydrology
(日本地下水学会誌特集号編集)
2013年度-present Japanese Association of Hydrological Sciences
(日本水文科学会誌編集)

Committee Works(学会での活動)

2019 日本地球惑星科学連合2018年大会(Japan Geoscience Union, best presentation award panel), 2019
2018 The International Association of Hydrogeologists, best presentation award panel, 2018
2018 日本地球惑星科学連合2018年大会(Japan Geoscience Union, best presentation award panel), 2018
2018 日本水文科学会(Japanese Association of Hydrological Sciences, best presentation award panel), 2018
2015 Editor member, Japanese Association of Groundwater Hydrology
(日本地下水学会誌特集号編集委員)
2014 日本地下水学会2014 年秋季講演会(熊本大会)実行委員
2013年度-present Editor member, Japanese Association of Hydrological Sciences
(日本水文科学会誌編集委員会)
2008 日本地質学会第115年年会(秋田大会)実行委員
2002-2005年度 Committee member of PR and election, Society of Resource Geology(資源地質学会広報および選挙管理委員)

Symposium Organization(シンポジウムのオーガナイザー)
2019年4月12日 第57回熊本大学国際先端科学技術研究機構セミナー(57th IROAST Seminar)開催世話人.Carbon Dioxide Removal: Costs, potentials and side effects(Prof. Jens Hartmann, Institute for Geology, Universität Hamburg, Germany, 87 participants).
2018年10月4日 第35回熊本大学国際先端科学技術研究機構セミナー(35th IROAST Seminar)開催世話人.The role of weathering in the carbon cycle at different time scales(Prof. Jens Hartmann, (Institute for Geology, Universität Hamburg, Germany).

Paper Reviews(論文査読)

Applied Geochemistry (5)
Chemosphere
Environmental Science and Technology
Geochemical Journal
Geochimica et Cosmochimica Acta
Hydrological Research Letters (3)
Hydrological Processes
Journal of Asian Earth Science (2)
Journal of Hydrology
Journal of Geophysical Research: Solid Earth
Marine Pollution Bulletin
Paddy and Water Environment
Science of the Total Environment (2)
Water, Air, & Soil Pollution
Water Research
日本陸水学雑誌
日本水文科学会誌(3)
日本地下水学会誌(3)

University and Department(大学での研究メンバー、委員等)
2019- 年度 国際先端科学技術研究機構(IROAST)国際共同研究推進教員
2018- 年度 国際先端科学技術研究機構(IROAST)国際共同研究推進メンバー
2018- 年度 有明海・八代海の自然環境の再生・創生を目的とする総合的・実践的研究 メンバー
2018-2019年度 教務委員、3年担当、留学生担当
2014-2017年度 熊本大学自然科学系国際共同拠点サブリーダー
2010-2017年度 談話会世話役
2010-2014年度 地下水環境リーダー育成国際共同研究拠点推進メンバー
2009-2012年度 熊本大学拠点形成研究B推進メンバー

PhD judgment committee(学位審査委員)

Chief(主査)

Ahmad Taufiq(2019年3月,博士_学術,Double Degree Doctor Program with ITB)
井手 淨(2017年3月,博士_理学)

Deputy Advisor(副査)

高本尚彦(2017年3月,博士_理学)
Halda Aditya Belgaman(2017年3月,博士_理学)
曾 祥勇(Xiangyong Zeng)(2016年9月,博士_学術)
Shahadat Hossain(2016年3月,博士_学術)
Yaser Nikpeyman(2015年3月,博士_学術)

Awards(賞罰)

Personally(本人)

3. 日本地下水学会論文賞, 森康二, 田原康博, 多田和広, 細野高啓, 嶋田純, 松永縁, 登坂博行. 流域スケールにおける反応性窒素移動過程のモデル化と実流域への適用性検討. 地下水学会誌, 2016, 58, 63-86(2017年5月20日受賞).
2. 日本資源地質学会研究奨励賞, 細野高啓, 中野孝教, Petrochemistry of volcanic rocks in the Hishikari mining area of southern Japan, with implications for the relative contribution of lower crust and mantle-derived basalt. 2004(2004年6月受賞).
1. 日本資源地質学会ベストポスター賞, 細野高啓, 中野孝教, 菱刈金鉱床周辺の火山岩の起源と進化: 火山岩マグマへの古大陸性地殻の寄与. 2002(2002年6月受賞) .

Students(学生)

5. 山田千聡, 学生表彰 (熊本大学理学部地球環境科学コース修士_理学) , 2019年3月25日 (指導教員, 細野高啓) .
4. 山田千聡, 2017年度日本地下水学会秋季講演会若手優秀講演賞, 山田千聡, 細野高啓, 中田晴彦, 石井絵里, 阿草哲郎, 柴田智郎, 先名重樹, 奥村梓, 嶋田純. 熊本地震後の地下水位上昇と酸素・水素安定同位体比の比較検討. (指導教員, 細野高啓)
3. 井手淨, 2017年度日本水文科学会研究奨励賞, 井手淨, 利部慎, 細野高啓, 嶋田純, 繰り返し採水試料のCFCs (クロロフルオロカーボン類) に よる霧島火山群湧水の滞留時間推定 ―Lumped parameter modelによる年代解析―. 日本水文科学会誌, 2016, 46(3), 213–231 (2017年9月30日受賞) .
2. 橋本美穂, 学生表彰 (熊本大学理学部地球環境科学コース学士_理学) , 2017年3月25日 (指導教員, 細野高啓) .
1. 折式田崇仁, 第20回環境化学討論会最優秀学生賞 (修士の部 エントリー数:39名) , 2011年7月17日 (指導教員, 中田晴彦, 共著) .

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional